ooglesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

グルメ

自宅で本格炒飯 これであなたはいつでも自宅で中華屋のチャーハンが食べられます。

Ryopapaです。

若い頃は料理なんてほとんどした事なくて、ないどころか興味もなかったです。

ただ、中華だけは食べるのも好きで、youtubeで見てても中華屋で料理人が1~2分でささっとチャーハンを

作っているのをみて、かっこいいと思っていました。

10数年前に、一人暮らしを始めたのを期に料理を始めました。

中華屋のチャーハンてとんでもなく美味いじゃないですか。どうしたらあの味を出せるのか、試行錯誤してました。

始めは失敗の連続

一時期チャーハンばかり作っていた時期がありましたが、いくら作ってもおいしくないんですよね。

まず、

①お店みたいにパラパラにならない

②いろいろな味付けに挑戦してもお店の味に近づきもしない

この2つは自宅ではなかなか難しいですよね。

自宅で中華屋のチャーハンが再現出来れば最強なのになってずっと考えてました。

ところが、ある時知人から自宅でお店のチャーハンを作る答えを教えてもらったのです。

チャーハンはフライパンではなく、中華鍋を使うべし

まず、中華鍋(鉄鍋)でパラパラは解決出来るとの事。中華鍋は火力が強くないと使っても意味が無いと思って

いましたが、自宅のコンロでも煙が出るまで鍋を温めて強火でご飯を炒めたらベチャベチャにはならないとの事。

慣れてくると1分以内に美味しいチャーハンが作れるようになるそうです。

ずっとフライパンでチャレンジしていたので、この話を聞いてすぐ楽天で中華鍋を購入しました。

※この写真は購入してからだいぶ使い込んだ状態を撮影しています。

 

山田工業所という会社の中華鍋です。ひとつひとつ手作りだそうで、相棒として頑張ってくれています。

味付けはシンプル、目からうろこでした

街の中華屋のチャーハンの味付けは店によっても個性があるそうで、全く同じようには難しいようですが、

ほぼ中華屋の味になる味付けはとっても簡単です。

まず、油はサラダ油や菜種油ではなく、ラードを使うとの事。コクが違うようです。

味付けに関しては、塩、味の素、醤油、以上です。

上がラードで、下が味の素。この2つだけでプロの味になります。本当に。

ちなみにラードは多めの方がおいしいですよ。

 

どこでも手に入る調味料ばかりです。聞いたときは半信半疑でしたが作ってみてびっくり。

自宅でここまで中華屋の味に近づけるなんて超感動でした。とっても美味い。

ごはんと卵、そして上記の調味料で間違いなく外食のチャーハンになります。

青ネギ、チャーシュー、かまぼこがあればなお良し

より本格的なチャーハンを目指すなら、青ネギ、ちゃーしゅー、しろとピンク色のかまぼこを使うと見た目も

街の中華屋のチャーハンに近づきます。

Ryopapaは普段はごはんと卵だけのシンプルチャーハンが多いです。

王将にも肩を並べたと勝手に思っています(笑)

※中華鍋は通常、購入した新品はニスが塗ってあるので空焼き、慣らし炒めが必要ですが、

メーカーがあらかじめ空焼きしている鍋も販売しているそうです。

初めだけ面倒ですが使い始めたら中華料理はこの鍋じゃないと気が済まないです。

野菜炒めなんて今では我が家では私の担当です。

皆さんも、是非自宅で美味しい炒飯を作ってみてくださいね。

(注) 塩、味の素、醤油の量は好みの量で調整してください。

 

この投稿が夜中になった事。材料がなかったのでチャーハンの画像はありません、ごめんなさい。

 

 

 

このサイトをフォローする!

    • この記事を書いた人
    • 最新記事
    ryopapa

    ryopapa

    グルメ、旅行を中心に自分の「楽しい」を発信します。 また、株や資産形成にも挑戦し、自分の未来にも投資したいと思います。

    -グルメ

    Copyright© 楽しいブログ , 2022 All Rights Reserved.